夏の冷え症改善!

「夏こそ冷え性改善!」

「プロが解説!冷え性をなくして不妊も解消!快適な健康生活を手に入れよう!」

 

冷え性とは

これまで特に冷え性と意識しないで過ごしてきた方も多いでしょう。冷え性とは足先が冷えたり、指先が冷えたりして感覚が鈍る症状です。夏などは仕事場や家の中でエアコンが活躍すると思いますが、このエアコンにより冬でもないのに冷え性になってしまう人が多数います。特に夏の冷え性は寒暖差が非常に激しい為、体のだるさや食欲不振などを招きやすいと言われています。近年男性の方も冷え性が数多く報告されていますので冷え性問題は女性だけの悩みではないでしょう。今回この冷え性を解消する為の方法を説明していきますので是非参考にしてみてください。

 

冷え性がもたらす健康被害とは

体が冷えるということは体の血液などの循環システムが正常に働かない可能性があります。そして内臓も活発動かなくなりますので体調不良を訴えるケースが多く報告されています。具体的な健康被害としては子宮などが冷えるための不妊が一番多いでしょう。子宮や卵巣が冷えると栄養素や血液循環が悪くなり卵子の定着率が非常にさがります。その他男女関係なくでる健康被害は倦怠感が一番多いでしょう。体が冷えますので当然体内の循環機能は低下していますので体を動かすのが非常にだるくなるのです。

 

冷え性の原因

冷え性の原因としては体内循環機能が主ですがその他下記事項も原因のひとつになっています。夏場などを快適にのりきる為にはエアコンの多様を避けて、温度を下げ過ぎないように注意しましょう。特に女性はレッグウォーマーなどを付けて仕事をしたり、できるだけ体を動かす工夫をしてください。

 

①内臓機能

体が冷えると内臓機能も低下して食欲も無くなります。このことにより栄養素が不足して身体細胞の質が低下してしまいます。また運動不足にもなりがちな為、基礎体温の低下や免疫低下も発生してきます。このように熱が体中に送れず栄養素や血液循環が不足してしまい「むくみ」などの原因のひとつにもなりますので内臓機能の低下には注意したいところです。

②身体構造面

身体構造でいうとみぞおち近辺の胸郭や腹腔内の状態や筋肉の状態が悪いことで、冷え性を発症する原因にもなります。ストレッチなどは非常に有効なので仕事の合間に軽くストレッチ運動することをおすすめします。

➂栄養

エネルギー生産に必要なのは「酸素・ビタミンB1・マグネシウム」などですが夏場は非常に冷たいものや甘い物を摂取する機会が多い為肝臓などに負担をかけてしまい自律神経・ホルモンバランスの低下にもなり易いので普段の食生活にも注意しましょう。

 

冷え性の改善方法

冷え性の改善方法としては色々とありますが、まずは普段の生活を見直して軽く体を動かすなどの工夫が必要です。その他整体などで身体を調整し、体のバランスを整えるのも非常に有効です。整体は一時的な身体問題解消ですが、継続して通院することにより身体の自己修復機能が活性化されそのうち数か月に1度のメンテナンスで体の調子が非常に良くなります。

 

・身体構造の調整・圧迫

 

・脳内圧力と循環

 

・免疫系の向上

 

・自律神経の調整

 

・基礎体温の向上

 

具体的に説明しますと上記のような身体部分の調整が整体施術で必要になってきます。内臓と脳は常に循環されており、その循環部分が少しでも通りが悪くなると冷え性などの症状が発生してしまいます。胸部・肩・脳への整体を施術し、免疫系・自律神経などの調整機能を改善して基礎体温を上げると劇的に身体の改善に繋がります。

 

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。現代では日常的に体を動かすことが非常に減っており、健康に被害を及ぼす傾向にあります。一番良いのは病院に通わないことですがその為には日ごろの食生活も大事です。また定期的に身体のメンテナンスを整体施術することも非常に有効なので令和元年残りの半年間を食生活・運動・整体に重点を置いて過ごしてみてはどうでしょうか。必ず健康的になれるでしょう。

ひばり整体

関連記事

  1. 不妊症についての解説!

  2. 子宮筋腫・内膜症を改善して不妊を解消しよう!

  3. みんなが悩む現代病を整体で治療する

  4. 腰痛で悩んでいる

  5. 腰痛における原因と症状

  6. 生理不順を治そう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。